スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

スイス関連の書籍



ヨーロッパ建築案内

1:南欧編:フランス・イタリア・マルタ・スペイン・ポルトガル
2:中欧編:ドイツ・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・スイス・
  リヒテンシュタイン・オーストリア
3:イギリス・北欧・東欧編:イギリス・アイルランド・フィンランド

このシリーズに限らず、装丁がきれいなので旅に持っていって
ボロボロにするのは忍びない。
旅には必要なページをコピーして持って行きたい。
主に最近の現代建築をメインに紹介している。
淵上正幸氏の著書は彼独特の解釈に対して賛否あるところ
だけれど、要領を得た情報が盛り込まれている。
リストに載っている建築をもっと地図情報にしてもらえれば
ありがたいところ。

 


世界の建築・街並みガイド

1:フランス・スペイン・ポルトガル
2:イギリス・アイルランド・北欧4国
3:イタリア・ギリシア
4:ドイツ・スイス・オランダ・ベルギー
5:オーストリア・ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリー・ルーマニア

『ヨーロッパ建築案内』とかぶる部分はあるけれど、このシリーズは
現代建築に限らず幅広い建築や町並みの紹介をしている。
ただ、地図による位置確認は主要都市以外は大ざっぱで分かりにくい。
事前にGoogleEarthなどを駆使して、位置をよく調べてから旅行すると
効率よく探訪することができる。


ヨーロッパの世界遺産

1:イタリア・ギリシア
2:フランス・イギリス・ベルギー・アイルランド
3:スペイン・ポルトガル
4:ドイツ・オーストリア・チェコ・ハンガリー・スイス
5:ロシア・ポーランド・ブルガリア・ルーマニア・マケドニア・北欧

世界遺産というテーマに沿って旅をするのも面白い。
僕もスイスの自然・文化遺産はほとんど訪問した。
スイスの場合は、ミュスタイアがかなり僻地にある難所。

 

ヨーロッパ建築600選

ヨーロッパ建築旅行ガイドのロングセラー。
10年前に欧州一周したときにも携帯した。
いいものはいつになってもいい、ということで。

 

スイス温泉紀行

 

地球の歩き方 スイス 2008〜2009

個人旅行の必須本。
黄色に赤字の表紙があまりカッコよくないないので
僕はいつも旅先でカッコいいデザインのパンフレットを
見つけたらそれをブックカバーにして持ち歩いている。

 

ハイジに会いたい!―物語の背景とスイスアルプスへの旅

ハイジマニアにはお勧め。
ハイジの詳しいストーリーからマイエンフェルトの歩き方など
スイスの生活文化についても非常に詳しく記述され、
ガイドとしても読み物としても楽しめる。

 

アルプスの少女ハイジ(徳間アニメ絵本)

大人も楽しめるアニメ版のダイジェスト絵本。
スイスに思いを馳せるいいきっかけになれば。

 

 

 

 

| スイス関連の書籍 | おすすめアイテム(スイス関連の書籍) |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |